投資をやる時は余裕資金でやる必要がある事を肯定的に考える

投資をやる時は余裕資金でやらないといけないという話はよく聞く話ですがこれを聞いて中にはあまり良い風に思わない人もいます。それはどういう事かというと投資をやるならそれに全部のお金をつぎ込んではいけないという忠告ですが、これを投資をやれば損をするという風に考える人もいるという事です。

では、実際に投資をやって損をするのかというとそうとは言えないです。
なぜなら、投資判断を正しくやれば儲かるチャンスはあるからです。

ですが、投資をやる際には余裕資金でやるのが良いという話を聞くとあまり良くない風に思ってしまって
最初から投資をしないという人もいますがそれは間違いです。

確かに投資をやれば損をする事はあります。それに備えるために余裕資金でやる必要があるということで
別にこれが投資は損をするという事ではないです。

なので、投資をやる時に余裕資金でやる必要があるのはあくまで万が一の事態に備えての話でこれをやったから
損をするという話ではないです。

ですから、投資を余裕資金でやらないといけないからと必要以上に恐れる事はないです。
あくまで投資に全財産をつぎ込んでやるべきではないということです。

そのように考えれば特に投資をやったからといって危ないという風に思う事もなくなると思います。
余裕資金で投資をやるのは万が一のためで損をするからだと思ってはいけないです。

そのように思ってしまうとせっかく投資で儲かるチャンスがあってもそのチャンスを自ら逃す事になります。
実際今現在投資をやっている人の多くは余剰資金で投資をやっています。

それは別に投資をやっている人みんなが投資をやって損をするから全部投資に回さないようにしているわけでなく
全財産を投資に回して万が一の事態が起きた時に備えてやっているだけです。

もし、損をすると思って投資をやっているとすればそんな人は投資をやらない方が良いです。
みんな投資をやって稼げるようになりたいと思って投資をやっているわけです。

なので投資をやったから損をするという風に思うのは間違いです。
確かに投資未経験者からしたら余剰資金でやれと言われたら不安になるかと思います。

ですが、それは思い込みで単に何かあったらいけないという保険的な意味でやっているのであって
決して投資が儲からないという事はないのでそこはしっかり考えてから投資をやるのがおすすめです。

なので必要以上に投資を恐れる事はないです。安心して投資をやるのが良いです。